外出記録

おでかけ 水族館 展覧会

2016.9 マリンピア日本海

新潟市水族館 マリンピア日本海に行きました。

新潟駅前からバスにのって20分くらい。坂をのぼってのぼった上にあります。海でなく山の水族館。(海も見えるけど)

見晴らしの良い、気持ちのいい場所にあります。

 

入口から、水槽が次々と続き、それをひとつずつ追いかけながら奥へいざなわれていく感じ。

f:id:funnyli8n:20161024003816j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003819j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003805j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003817j:plain

 

f:id:funnyli8n:20161024003818j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003752j:plain

スロープを曲がりながら海の底へと沈んでいくような感覚がします。

潮の匂いを感じ、波の音を聞きながら水槽をゆったり眺められるエリアがあってとってもヒーリング。

f:id:funnyli8n:20161024003821j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003808j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003804j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003810j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003748j:plain

 

f:id:funnyli8n:20161024003749j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003751j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003801j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003803j:plain

ハタタテさんが優雅に休憩中。

f:id:funnyli8n:20161024003802j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003827j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003737j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003735j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003747j:plain

クラゲゾーンは施設の中腹あたりにあります。広いフロアに円柱形の水槽がかなり間隔をあけて立っています。ここだけスペース使いがやたら贅沢。しかしそのことがなんというか他にはない、独特な距離感になっている、気がする…

f:id:funnyli8n:20161024003822j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003823j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003826j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003824j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003744j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003743j:plain

トンネル水槽もあります!

f:id:funnyli8n:20161024003755j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003754j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003753j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003846j:plain

ハゼ氏もいるよ。

大きな生き物たちは中にも外にも。

f:id:funnyli8n:20161024003830j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003828j:plain

イルカはショー以外の時間は室内プールにてガラス越しに見られるのですが(実際はぼやけないでちゃんと見えるよ!!!)水中をぐるりと泳ぎ回る→プールサイドに自ら打ちあがりスライディング→しばらく陸上でうねうねして再びプールにじゃっぱーん!を何度も繰り返していらっしゃるイルカ氏。遊んでいるのでしょうか…

プールに近づくと、ご挨拶とでも言わんばかりにこちらへ近づいてきて顔をガラスにくっつけてくれました。礼節を重んじるイルカ氏。ご挨拶も無しに入ってきてすいません。

f:id:funnyli8n:20161024003833j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003836j:plain

f:id:funnyli8n:20161024003834j:plain

こちらは完全に実技だったラッコ氏。

f:id:funnyli8n:20161024003837j:plain

カワウソさんお疲れです

f:id:funnyli8n:20161024003839j:plain

ビーバーさんは元気です

f:id:funnyli8n:20161024003843j:plain

驚いたのが、ペンギンの屋外飼育!

庭の歩道沿いにペンギンたちが暮らしています。プールとアクリル壁はあるものの、上は吹き抜けだから外気温の中で過ごしています。岩山の隣はこう、普通の、公園の芝生的な緑が続いて、中に入れる岩の小屋みたいなものがぽつぽつ…。この日は結構暑かったのでペンギン外でも大丈夫なんだ、と驚きました。

f:id:funnyli8n:20161024003844j:plain

とても近い

 

時間がなくて行けませんでしたが、ペンギンエリアに続いて「新潟フィールド」なるエリアもあって、草花や生き物をそこでも見られるようです。

 

f:id:funnyli8n:20161024003847j:plain

綺麗な夕日をぼんやり眺めながら、帰りのバスを待ちました。

マリンピア、ゆったりとした空間の中でゆったりと水の生き物たちを眺められる水族館でした。誰と行っても楽しそうだし、ひとりで行っても落ち着けるんだろうなぁ…

 

f:id:funnyli8n:20161024003800j:plain

新潟市水族館 マリンピア日本海

http://www.marinepia.or.jp/

2016.9 万華鏡展

Bunkamuraで開催された「万華鏡生誕200年 万華鏡展2016」に行ってきました。

f:id:funnyli8n:20161029235922j:plain

f:id:funnyli8n:20161029235921j:plain

f:id:funnyli8n:20161029235918j:plain

f:id:funnyli8n:20161029235914j:plain

f:id:funnyli8n:20161029235912j:plain

f:id:funnyli8n:20161029235915j:plain

f:id:funnyli8n:20161029235910j:plain

f:id:funnyli8n:20161029235923j:plain

f:id:funnyli8n:20161029235920j:plain

f:id:funnyli8n:20161029235919j:plain

f:id:funnyli8n:20161029235917j:plain

のぞいた時の美しさにもたくさんの種類があり、外観もそれぞれに個性的で、ひとつひとつ手にとって覗くたびわくわくしました。

オイルタイプ(というのだろうか、液体が入っているもの)はとろとろと滑らかに色彩が変わっていく様に魅了されるし、そうでないタイプのものはさらさらと柄が動くのが可愛らしかったです。

手でプレートを回したり、ビーズの入った筒を動かしたり、花びらの入っているものがあったり…光を当てるとさらに表情が変わって驚くほど美しい、ということも作家さんに教えていただきました。(作家の皆様もとても気さくに明るくいろいろ教えてくださって興味深かった~)

これは宝物になるよなあ…

手のかかっているものだけあって高価なものも多いのですけど、これをいつか手元に置いて好きな時に覗きたいな、そのためにはそれに見合う部屋をあつらえなければな、そのためにはもっと働かなきゃな…って思わされる美しさ。眼福でございました!眺めるだけで!すいません!

f:id:funnyli8n:20161029235916j:plain

 http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/160917mangekyo.html

2016.8 自然と美術の標本展

横須賀美術館で開催された、自然と美術の標本展に行ってきました。

電車に揺られ、バスに揺られ、海を横目に歩きます。

f:id:funnyli8n:20161023214140j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214142j:plain

歩いてまもなく横須賀美術館に辿り着きます!(写真を撮り忘れました)

海と空の青、芝の緑に囲まれた見ていて気持ちのいい白い建物。

いざ標本展!

 

まっさきにあるのは、鉱物アソビ フジイキョウコさんによる鉱物展示。

f:id:funnyli8n:20161023214220j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214200j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214206j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214215j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214214j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214218j:plain

う~~~うううう素敵ぃ…!!!

見上げた先にも鉱石のスライスが美しく展示されています。

f:id:funnyli8n:20161023214143j:plain

見タテ鉱物も。

f:id:funnyli8n:20161023214153j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214155j:plain

もうこれだけでも夢のような空間で、来た甲斐があった!と胸がいっぱいになったのですが、後に続く他の作家さんの展示も素敵素敵の連続でした。

 

橋本典久さんによる昆虫接写写真と、標本たちは横須賀市の博物館の所蔵かな。

f:id:funnyli8n:20161023214221j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214222j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214225j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214228j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214231j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214223j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214226j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214233j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214235j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214236j:plain

昆虫は近づいて近づいて目を凝らすとこんなにも美しいのか…と、大きなパネルの前で溜め息をついてしまいました。特に羽というものはとても魅力的ですね…!

 

江本創さんによる幻想標本。

f:id:funnyli8n:20161023214243j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214245j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214246j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214248j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214250j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214255j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214254j:plain

眺めながらクスッとしたり、ぞわっとしたり、吸い込まれそうな世界。完全なる別世界とはまた違う、ふとした時に入り込んでしまいそうな、現実との壁が薄い場所にある世界。短時間で引っ張り込まれました。素晴らしい…

 

そのほかにも様々な作家さんによる作品や所蔵品の展示が。

f:id:funnyli8n:20161023214241j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214257j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214240j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214258j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214302j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214315j:plain

 

各作家さんによる透明の小箱もときめきでした。

f:id:funnyli8n:20161023214306j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214307j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214309j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214313j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214314j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214312j:plain

 

建物自体もとってもとってもとっても素敵でしたよ!

屋上からの景色、目前には海、振り向けば山、とても気持ちがいいです。

f:id:funnyli8n:20161023214147j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214150j:plain

f:id:funnyli8n:20161023214146j:plain

見ごたえと満足感たっぷり、いろんな標本を通していろんな世界が見えて、しかしその先には自然というものは美しいなあということと、自然の力はすごいなあということをしみじみと感じた展示会でした。楽しかった。

www.yokosuka-moa.jp

2016.7 アートアクアリウム日本橋

日本橋・コレド室町で開催されたアートアクアリウムに行ってきました。

平日の昼過ぎに行きましたがチケット窓口、に並ぶための整理券を貰う列から折りたたまれるほどの行列で驚きました!

並び始めから30分くらいで会場に入ることができました。会場内はおしくらまんじゅうレベルの人混みでまたまたびっくり。

 

f:id:funnyli8n:20161231172210j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172215j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172211j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172218j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172213j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172250j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172220j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172219j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172214j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172221j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172216j:plain

ぎゅうぎゅうの人混みの合間を縫って金魚を覗き込むのは、しかし夜の祭に赴いて屋台を覗き込むような感じが合ってそれはそれでまた趣だったかもしれない。

 

通路を抜けて広い空間に出ると大きく華やかなオブジェ水槽が。

f:id:funnyli8n:20161231172237j:plain

すごい迫力でした!

f:id:funnyli8n:20161231172235j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172230j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172231j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172238j:plain

みっしりと金魚。

f:id:funnyli8n:20161231172236j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172232j:plain

色は次々と変わり、びかびかカラフルに光ったりします。派手だけどしっとりしている。

 

手前の階段に設置された、照明すら水槽になっています。

f:id:funnyli8n:20161231172226j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172227j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172228j:plain

 

フロアには趣向を凝らした水槽があちこちに。

f:id:funnyli8n:20161231172222j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172245j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172244j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172223j:plain

これは生きてないやつ

f:id:funnyli8n:20161231172225j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172248j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172249j:plain

屏風!眺めているとお殿様になった気分になります。

f:id:funnyli8n:20161231172246j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172242j:plain

紛れこんでいたクマノミ

 

大きな大きな金魚鉢がもうひとつ、あります。

f:id:funnyli8n:20161231172233j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172229j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172241j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172234j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172240j:plain

ゆらぎとぬめり。

 

丸窓水槽の展示は息をのむ美しさでした。

f:id:funnyli8n:20161231172251j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172253j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172255j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172254j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172252j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172256j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172301j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172300j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172259j:plain

尾鰭が好きなんです…

f:id:funnyli8n:20161231172257j:plain

f:id:funnyli8n:20161231172258j:plain

 

見ごたえ抜群でした、アートアクアリウム

人が少なかったら現実に戻るのをさらに惜しく感じたかもね!

豪奢で妖艶な展示空間、贅を尽くした娯楽を眺める体験はさながら初めて遊郭を覗いてみる緊張と興奮を齧ったようでした。うう、でもやっぱり私はお殿様にはなれない、ドキドキしながら美に圧倒される町の小童です…

小童、来年も観に行きたいと思います…

f:id:funnyli8n:20161231172239j:plain

 

アートアクアリウム | Art Aquarium | 金魚の美を愛でる全く新しく涼しいアートアクアリウム空間

2016.7 しながわ水族館

しながわ水族館大井町駅から15~60分間隔で出ている無料シャトルバスに乗って、15分ほどでつきます。

 

入館するとまず東京湾や品川の海の生き物たちがお出迎え。

屋外スペースに進むと、ショーが行われるスタジアムやペンギンのエリアが。

f:id:funnyli8n:20161024195901j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195925j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195859j:plain

そしてアザラシ館があります。

f:id:funnyli8n:20161024195858j:plain

アザラシも狭いところが落ち着いたりするんだろうか…

ぐるっとまわって館内に戻ると大水槽があったり、地下(海底フロア)では淡水魚や熱帯魚がいたり、トンネル水槽やクラゲ水槽、アシカにサメ…様々なエリア、様々な生き物たちが楽しめます。

f:id:funnyli8n:20161024195919j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195922j:plain

気付かれる

f:id:funnyli8n:20161024195911j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195909j:plain

 

島田秀平さんとの”開運”コラボコーナー。縁起物にちなんだ生き物の展示と手相の解説が並べてあって面白いです。みんなでやんや言いながら眺めるのが楽しそうな水槽。

f:id:funnyli8n:20161024195907j:plain

平行棒…

f:id:funnyli8n:20161024195905j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195927j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195929j:plain

いい顔!

f:id:funnyli8n:20161024195904j:plain

オシャレ水槽

f:id:funnyli8n:20161024195920j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195921j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195933j:plain

見ている

f:id:funnyli8n:20161024195917j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195918j:plain

見ている…

f:id:funnyli8n:20161024195913j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195947j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195945j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195944j:plain

ミズクラゲ水槽越しに写真が撮れたりします。

f:id:funnyli8n:20161024195941j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195943j:plain

ウーパールーパーもいるよ!

f:id:funnyli8n:20161024195935j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195936j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195937j:plain

f:id:funnyli8n:20161024195949j:plain

 

階段がいっぱいあって途中で迷子になりそうな感じとか、水槽の雰囲気とか…そういった全体的な空気感、自分が小さい頃に連れて行ってもらっていた水族館を思い出して懐かしくなりました。古き良き水族館でありながら、脱出ゲームをはじめ様々なコラボ、イベントを企画して、工夫してお客さんを楽しませようとしているのが伝わってきます!(私は誰だ)

周りには池や公園があるので、お子様と一緒でも過ごしやすい水族館ではないかと思います。公式HPからアンケートに答えると割引券ももらえますよ~!

 

f:id:funnyli8n:20161024195940j:plain

www.aquarium.gr.jp

2016.7 すみだ水族館

すみだ水族館での金魚展示『お江戸の金魚ワンダーランド』に行ってきました。

 

金魚ゾーンに行く前にゆっくり他のエリアを楽しみます。

入場して階段を上がると自然水景ゾーン。

f:id:funnyli8n:20161023005255j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005300j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005259j:plain

ちいちゃいちいちゃいお魚さんがいっぱいで思わず頬がほころびます。

 

そしてクラゲゾーン。美しい色合いのミズクラゲ水槽が出迎えてくれます。

f:id:funnyli8n:20161023005256j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005225j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005302j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005306j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005308j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005312j:plain

ず~~~っと見てられる…

アクアラボではクラゲの赤ちゃんにあたるポリプやエフィラも展示されていて、成長過程を見ることができます。ち~~~いさなエフィラがえいやえいやと泳ぐ姿は実に愛らしいです。

ミズクラゲ以外も

f:id:funnyli8n:20161023005226j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005227j:plain

タコクラゲの赤ちゃんも

 

すぐ傍にはアクアギャラリーゾーン。小さな窓から一種類ずつ生き物をよく見ることができます。ハコフグやハタタテハゼや可愛いやつから尖ったやつまでいろいろいます。深海魚たちもこの向かい側にいます。

抜けた先には北斎の絵と描いた生き物とが一緒に展示してあって(解説もあり面白いです)

f:id:funnyli8n:20161023005345j:plain

(この方はちょっとエリアを外れたところに唐突に居た)

f:id:funnyli8n:20161023005349j:plain

 

さらに先にはサンゴ礁水槽のゾーンが。

f:id:funnyli8n:20161023005251j:plain

この角度から見ると他のお客さんがほとんど視界に入らないので、水槽の中に入り込む感覚で楽しむことができます。

f:id:funnyli8n:20161023005252j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005253j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005249j:plain

チンアナゴたちがそよそよしてます。

 

ペンギンやオットセイは建物の中央に吹き抜けの形でいらっしゃいます。

その周りをぐる~っと回りながら1階に降りていくと、東京大水槽。

f:id:funnyli8n:20161023005344j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005317j:plain

2階からも1階からも見られます。ぼうっとしながら眺めていたい気持ちの良い水槽。

 

降り切ったフロアにはペンギンカフェ、イベントゾーン、クラゲ万華鏡トンネル、江戸リウムがあります。季節や特別展示に合わせてオブジェ的な展示があったり。

f:id:funnyli8n:20161023005244j:plain

 

クラゲ万華鏡はまた別の機会にご紹介するとして、この日のメインイベント!いざ江戸リウム!の金魚展示!

f:id:funnyli8n:20161023005338j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005340j:plain

屋台風の水槽もあり、

f:id:funnyli8n:20161023005332j:plain

金魚提灯もあり、あとはひたすらに金魚、金魚、金魚。

f:id:funnyli8n:20161023005230j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005243j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005234j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005235j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005326j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005327j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005335j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005323j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005319j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005321j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005328j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005330j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005322j:plain

f:id:funnyli8n:20161023005336j:plain

解説を読むのも楽し、です。

江戸モチーフの中の金魚は実に趣があって素敵です。

ショップにも水槽がありましたよ!

f:id:funnyli8n:20161023005351j:plain

 

非常に見ごたえのある金魚展示でした。他のエリアも存分に楽しめました。

こじんまりとした建物ながら、センスの良さがすごい。アクアパークよりは対象年齢層が広い印象があります。おしゃれさと渋みが共存しているしなんせどの水槽もとても綺麗。

大きなショーはないものの餌やりのエンタメ性が高めで面白いし、大人向け子供向けどちらもワークショップやイベントが頻繁に開催されているようです。大人限定の夜間イベントや、コラボ展示も多いように思います。ふわふわクラゲはいつか参加したい…

f:id:funnyli8n:20161023005315j:plain

www.sumida-aquarium.com

2016.6 アクアパークしながわ

2016年6月 アクアパークしながわ

 

に行く前にキヤノンギャラリー品川にて行われていた、宮本隆司さんの写真展「九龍城砦 Kowloon Walled City」に行ってきました。一枚一枚の写真に切り取られた、剥き出しの生に意識を吸い取られるようでした…生の密集体ががらんどうになるところまでを見届けながら呼吸が苦しくなる感覚でした。あんなにも脈を打つ世界が在って、”無”くなって、今の時代にも記憶の中の幻として、夢想の世界として、在ること。宮本さんの写真展を通じてその世界に入り込むことができました。素晴らしかった。

 

そしていざアクパー(略し方あってんのか)です。品川駅からちょちょっと歩いて、少し坂を上ったらホテルの隣にあります。夕方5時からはアクアナイトチケットを購入することができ、入場料が2200円→1800円になります。ハッピーです。(※時期によっては販売がないことがあるようです)

 

f:id:funnyli8n:20161024234250j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234249j:plain

入口から大人っぽい雰囲気、な、気がする。

入ってすぐに、

f:id:funnyli8n:20161023004837j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004839j:plain

メリーゴーランドと海賊船があります。ファンタジー。

水族館というよりテーマパークに来た様なワクワクを味わえます。

 

f:id:funnyli8n:20161023004838j:plain

この日は入ってすぐの「アトリウムエリア」に金魚の展示がありました。

暗い中の金魚は良い…

水槽のようなタッチパネルに触れて、魚を集めたり、生態を覗き見したりできる「インタライブエリア」もあり、今どきの水族館はハイテクだなあと感心。

 

ふたつのエリアを抜けると「コーラルカフェバー」に出ます。

青くしっとりとした空間の中、大きな水槽のほかに椅子と水槽が多数設置され、ドリンク、フードだけでなくアルコールを楽しみながら水の生き物の姿を眺めて楽しむことができます。

f:id:funnyli8n:20161023004840j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004852j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234252j:plain

ハタタテハゼやアケボノハゼ…かな…?バーカウンターの隣の壁面水槽にたくさんいます。可愛いです。飲んでなくてもじっくり楽しめます。

 

カフェバーを抜けるとアクパーいちの幻想的空間が待っています。

f:id:funnyli8n:20161023004853j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004854j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234305j:plain

ジェリーフィッシュランブル」。たくさんの色と光と闇に包まれたクラゲたちが迎えてくれます。

f:id:funnyli8n:20161024234306j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004855j:plain

 

f:id:funnyli8n:20161023010744j:plain

f:id:funnyli8n:20161023010743j:plain

素敵すぎて困るよ~~~というほどの異世界感です。

水槽に張り付いてじっくり眺めるのもよし、

イスに座って空間ごとうっとり眺めるのもよし、

水槽越しに写真を撮って楽しむもよし…

種類は多くはありませんが、クラゲの量、演出は抜群です。このエリアにいる間は現実を忘れられるはず…

 

その先にはエスカレーターがあり2階へと続きます。(エレベーターご利用の際はカフェバーの手前まで戻ります)

 

上がってすぐは「リトルパラダイス」。熱帯魚からサメから様々な生き物が見られます。

f:id:funnyli8n:20161023004842j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004844j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004841j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004843j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004851j:plain

 

さらにエイやマンタが海中を飛ぶように泳ぎ回る「ワンダーチューブ」

f:id:funnyli8n:20161024234254j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234257j:plain

 

トンネルの先には「ライフミュージアム」。透明標本が!たくさん!ディスプレイしてあるよ!!!ときめき!!!!!

f:id:funnyli8n:20161023004845j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004846j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234255j:plain

 

右手に向かうと「アクアジャングル」エリア。

暗い水槽の中に重たそうな淡水魚がたくさんと、

爬虫類もたくさんと

f:id:funnyli8n:20161023004849j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234258j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234259j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234301j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234300j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234302j:plain

カピバラと亀。

f:id:funnyli8n:20161023004848j:plain

北の国から、的なテイスト…

 

引き返して左に向かうと今度は「ワイルドストリート」。大物たちがいっぱいおいでます。

f:id:funnyli8n:20161024234303j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234304j:plain

すぐ横の「フレンドリースクエア」では、日中触れ合いイベントなども行われているみたいです。

そして「ザ スタジアム」。アクパーはイルカショーがとても綺麗との噂ですがまだ私は未見です、今度行ったら見てみよう。

ショーが始まると係員さんが割と厳しく通行を整理していて、例え混んでいなくても立ち止まって見ることはできません。

再びワンダーチューブ横を通り抜けると、ショップや出口に向かえます。

 

印象としては、カップル・女の子向けのおしゃれ水族館、だけど見ごたえもあるよ!といった感じでした。大きな建物ではありませんがその分周りやすく、また各エリアのテーマと演出イメージが明確なので、エリアを通過するごとに気分が変わるようでとても楽しめました。特にクラゲエリアはたまらない美しさだった…今度はあそこにどっぷりと、現実から逃避しに行きたいと思います。

f:id:funnyli8n:20161023004850j:plain

www.aqua-park.jp