読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外出記録

おでかけ 水族館 展覧会

2016.6 アクアパークしながわ

2016年6月 アクアパークしながわ

 

に行く前にキヤノンギャラリー品川にて行われていた、宮本隆司さんの写真展「九龍城砦 Kowloon Walled City」に行ってきました。一枚一枚の写真に切り取られた、剥き出しの生に意識を吸い取られるようでした…生の密集体ががらんどうになるところまでを見届けながら呼吸が苦しくなる感覚でした。あんなにも脈を打つ世界が在って、”無”くなって、今の時代にも記憶の中の幻として、夢想の世界として、在ること。宮本さんの写真展を通じてその世界に入り込むことができました。素晴らしかった。

 

そしていざアクパー(略し方あってんのか)です。品川駅からちょちょっと歩いて、少し坂を上ったらホテルの隣にあります。夕方5時からはアクアナイトチケットを購入することができ、入場料が2200円→1800円になります。ハッピーです。(※時期によっては販売がないことがあるようです)

 

f:id:funnyli8n:20161024234250j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234249j:plain

入口から大人っぽい雰囲気、な、気がする。

入ってすぐに、

f:id:funnyli8n:20161023004837j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004839j:plain

メリーゴーランドと海賊船があります。ファンタジー。

水族館というよりテーマパークに来た様なワクワクを味わえます。

 

f:id:funnyli8n:20161023004838j:plain

この日は入ってすぐの「アトリウムエリア」に金魚の展示がありました。

暗い中の金魚は良い…

水槽のようなタッチパネルに触れて、魚を集めたり、生態を覗き見したりできる「インタライブエリア」もあり、今どきの水族館はハイテクだなあと感心。

 

ふたつのエリアを抜けると「コーラルカフェバー」に出ます。

青くしっとりとした空間の中、大きな水槽のほかに椅子と水槽が多数設置され、ドリンク、フードだけでなくアルコールを楽しみながら水の生き物の姿を眺めて楽しむことができます。

f:id:funnyli8n:20161023004840j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004852j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234252j:plain

ハタタテハゼやアケボノハゼ…かな…?バーカウンターの隣の壁面水槽にたくさんいます。可愛いです。飲んでなくてもじっくり楽しめます。

 

カフェバーを抜けるとアクパーいちの幻想的空間が待っています。

f:id:funnyli8n:20161023004853j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004854j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234305j:plain

ジェリーフィッシュランブル」。たくさんの色と光と闇に包まれたクラゲたちが迎えてくれます。

f:id:funnyli8n:20161024234306j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004855j:plain

 

f:id:funnyli8n:20161023010744j:plain

f:id:funnyli8n:20161023010743j:plain

素敵すぎて困るよ~~~というほどの異世界感です。

水槽に張り付いてじっくり眺めるのもよし、

イスに座って空間ごとうっとり眺めるのもよし、

水槽越しに写真を撮って楽しむもよし…

種類は多くはありませんが、クラゲの量、演出は抜群です。このエリアにいる間は現実を忘れられるはず…

 

その先にはエスカレーターがあり2階へと続きます。(エレベーターご利用の際はカフェバーの手前まで戻ります)

 

上がってすぐは「リトルパラダイス」。熱帯魚からサメから様々な生き物が見られます。

f:id:funnyli8n:20161023004842j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004844j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004841j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004843j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004851j:plain

 

さらにエイやマンタが海中を飛ぶように泳ぎ回る「ワンダーチューブ」

f:id:funnyli8n:20161024234254j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234257j:plain

 

トンネルの先には「ライフミュージアム」。透明標本が!たくさん!ディスプレイしてあるよ!!!ときめき!!!!!

f:id:funnyli8n:20161023004845j:plain

f:id:funnyli8n:20161023004846j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234255j:plain

 

右手に向かうと「アクアジャングル」エリア。

暗い水槽の中に重たそうな淡水魚がたくさんと、

爬虫類もたくさんと

f:id:funnyli8n:20161023004849j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234258j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234259j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234301j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234300j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234302j:plain

カピバラと亀。

f:id:funnyli8n:20161023004848j:plain

北の国から、的なテイスト…

 

引き返して左に向かうと今度は「ワイルドストリート」。大物たちがいっぱいおいでます。

f:id:funnyli8n:20161024234303j:plain

f:id:funnyli8n:20161024234304j:plain

すぐ横の「フレンドリースクエア」では、日中触れ合いイベントなども行われているみたいです。

そして「ザ スタジアム」。アクパーはイルカショーがとても綺麗との噂ですがまだ私は未見です、今度行ったら見てみよう。

ショーが始まると係員さんが割と厳しく通行を整理していて、例え混んでいなくても立ち止まって見ることはできません。

再びワンダーチューブ横を通り抜けると、ショップや出口に向かえます。

 

印象としては、カップル・女の子向けのおしゃれ水族館、だけど見ごたえもあるよ!といった感じでした。大きな建物ではありませんがその分周りやすく、また各エリアのテーマと演出イメージが明確なので、エリアを通過するごとに気分が変わるようでとても楽しめました。特にクラゲエリアはたまらない美しさだった…今度はあそこにどっぷりと、現実から逃避しに行きたいと思います。

f:id:funnyli8n:20161023004850j:plain

www.aqua-park.jp